ヒューマンブリッジ治療とは

*

歯をほとんど削らずにできる、新しい治療法ヒューマンブリッジ治療
ヒューマンブリッジ治療とは、歯科治療では比較的新しい補綴物治療(補綴物治療:欠損してしまった歯の部分に補綴物で欠損部分を修復する治療のこと)のブリッジ治療の一種です。
特徴は従来のブリッジ治療では歯に大切なエナメル質(エナメル質:歯の表層部を覆う体の中で一番硬い組織、歯にとって一番大切)を多く削る必要があり歯に大きなダメージを与えてしまう可能性がありましたが、ヒューマンブリッジ治療では支える歯の(支台歯)の削る量が少ない、つまり、歯にとって一番大切なエナメル質をほとんど削らないため、エナメル質を残したまま、装着が可能となります。
また、補綴物の治療として、インプラント治療があります。インプラント治療には治療を行えない場合があります。例えば、心臓病や糖尿病、高血圧など、全身疾患がありインプラント治療を断られ方でも、このヒューマンブリッジ治療は行える可能性が高いです。一度医師にご相談ください。

ヒューマンブリッジの
特徴とメリット

  • 01

    *

    歯のダメージを極限まで
    抑える
    従来のブリッジは歯を多く削らなければ、治療できない背景があり、そのため、歯にとって重要なエナメル質を多く削らなければなりませんでした。歯に与えるダメージは大きいものでした。
    ですが、ヒューマンブリッジ治療は歯にくぼみを形成するだけで治療ができるので、歯に与えるダメージは従来のブリッジ治療に比べ、最小減に抑えられます。
  • 01

    *

    歯の神経を抜かなくて済む
    従来のブリッジ治療は歯と歯の高さをにしないとできない治療のため、歯を多く削る必要があり、神経を抜く必要がある場合もありました。神経を抜く治療は体の負担が大きい治療法です。
    ヒューマンブリッジ治療は治療する個所の両側の高さにばらつきがあっても歯にくぼみを形成するだけでできる治療ですので、神経を抜くほど、歯を削る必要がありません。
    神経を抜くと、歯が短命になりますので、このメリットは大きいものです。
  • 01

    *

    インプラントを
    断られた方でもできる
    骨の量が少ない、糖尿病、心臓病、他、全身疾患などの持病があり、インプラント治療ができないと断られた方も、ヒューマンブリッジ治療では対応できる場合が多くあります。
    インプラント治療を検討していた方には、おススメさせていただいております。医師にご相談ください。

    ※インプラント治療を否定するわけではないですが、インプラント治療は外科的手術が必要なため、持病がありますと、体への負担が大きく治癒力が低下してしまう可能性があります。

  • 01

    *

    治療の痛みを極力抑える
    従来のブリッジ治療やインプラント治療は麻酔が必要です。しかし、麻酔の効きが悪かったり、治療後に麻酔が切れて痛みが生じる可能性がありました。
    ヒューマンブリッジ治療は歯を削る範囲と量が非常に少ないため、麻酔をする治療が必要性がありません。麻酔が怖いという方も安心して治療を受けることができます。
  • 01

    *

    インプラント治療に
    マイナスなイメージが
    ある方にも
    インプラントは手術が必要な治療ですので、一般的には「痛い」「怖い」というマイナスイメージをお持ちの方が多いのが現状です。
    ヒューマンブリッジ治療は
    ①手術をすることがない
    ②神経を抜くことがない
    ので、その悩みを解決できます。
  • 01

    *

    インプラントより低価格
    ヒューマンブリッジ治療はインプラント治療のような外科的手術が必要がないため、従来のブリッジ治療やインプラント治療の弱点を解決した素晴らしい治療法なのに、比較的低価格で抑えられます。

こんな方にオススメ*

*

  • インプラントやブリッジ、その他の治療が嫌いという方

  • 歯を削るのが嫌いな方

  • 神経を抜きたくない方

  • 治療期間を短期にしたい方

  • インプラントやその他の治療を断られた方

横にスワイプしてご覧ください。

ヒューマンブリッジ インプラント ブリッジ 入れ歯
* * * *
歯を削る量 ほとんど削らない なし 多く削る 症例による
歯のダメージ 少ない 少ない 症例による 症例による
手術の有無 なし あり なし なし
耐久性 * * * *
綺麗に見える * * * *
保険適用 なし なし あり あり

ヒューマンブリッジの
デメリット

*

素晴らしいヒューマンブリッジですが、デメリットはあります。
まだ、開発されてから、比較的新しい治療方法のため、インプラント治療やブリッジ治療に比べると症例数が少ないのが現状です。最善を尽くして治療致すのは当然ですが、予期せぬトラブルが発症する可能性があるのが、唯一のデメリットになります。

銀歯、プラスチック樹脂の
デメリット

*

銀歯
補綴物治療にはインプラントやブリッジの他にも銀歯で被せる治療もあります。
銀歯は保険適用で、治療ができるというメリットはありますが、金属アレルギーにかかってしまう、リスクがあります。金属アレルギーは日本に1000万人(12人に1人はいると言われています。)
原因は銀歯に含まれている、金、銀、銅、アルミニウム合金、マグネシウム合金などがお口の中で唾液によって溶けだし、金属イオンとなり、歯茎や唾液と一緒に飲み込むことで、体に浸透します。
そして、体の粘膜と結合することで、アレルギー源となります。その結果「金属アレルギー」になってしまう可能性があります。
金属アレルギーになってしまうと、体が金属をうけつけなくなり、アクセサリーやピアスなどで肌が荒れたり、痛みを感じてしまうようになってしまいます。

*

プラスチック樹脂
プラスチック樹脂は銀歯と比べ見た目が良く、透明で保険適用で、治療ができるメリットはあります。
しかし、時間が過ぎると、変色する可能性が高く、また、耐久性も低いため、割れてしまったり、ひびなどが入ってしまう、壊れやすい、強く噛むことが必要な奥歯には使用できない、といったデメリットもあります。

ヒューマンブリッジ
治療の流れ

  • *

    STEP01くぼみをつける
    欠損した部分の両側の歯に、装置を取り付けるためのくぼみを付けます。
    エナメル質をほんの少し削るだけで済むので、麻酔が必要ないことがほとんどです。
  • *

    STEP02手前の歯にパーツを装着
    人工歯を装着するためのパーツを、手前の歯に接着します。
    手前の歯のパーツは外から見えない形状になっているので、周りから気づかれにくくなっています。
  • *

    STEP03奥の歯にパーツを装着
    奥の歯にも人工歯を装着するためのパーツを接着します。
    奥歯のパーツは歯を包み込むような形状ですが、噛み合う面は覆わないため、非常に見えにくくなります。
  • *

    STEP04人工歯の装着
    先ほど取り付けた装置に、人工歯を装着して完成です。

ヒューマンブリッジ
治療例のご紹介

  • 前歯の症例

  • 前歯の症例
  • *

  • *
  • *

  • *
  • *

  • 奥歯の症例

  • 奥歯の症例
  • *

  • *
  • *

  • *
  • *

  • 奥歯2本の症例

  • 奥歯2本の症例
  • *

  • *
  • *

  • *
  • *

ヒューマンブリッジ
治療の費用

前歯の場合

*

*

奥歯の場合

*

*

*

お口のお悩み・お困りごとなど
お気軽にご相談ください!

ご予約・お問い合わせ
046-278-4618
お電話の際はホームページを見たと
言っていただくとスムーズです!

診療時間( 平日・土・日・祝 )/午前9時から13時、午後14時30分から18時

  • キッズルームあり
  • 土・日・祝も診療
  • 駐車場あり
ページの先頭へ戻る